世界の七五三

コラム

11月15日は七五三ですね。
ご存じのとおり、七五三は、子どもが七歳、五歳、三歳になるときに、ご家族で神社やお寺に行ったり、食事をしたりしてお祝いする日本の伝統行事です。
昔は、子どもの死亡率が高く、このような節目に成長を祝い、子どもの長寿と幸福を祈願しました。
このような子どもの成長を祝う行事は、海外の国々でもあるのでしょうか?
世界における、七五三のような、お祝いについて調べてみました。


■韓国
トルジャンチ(トルチャンチ)
ck4hthjy86d3p6ag8bex-02ad43b7.jpg
韓国語で「トル」とは満1歳の誕生日のことで、「ジャンチ」は宴会のこと。
どこの国でも誕生日のお祝いはありますが、韓国では1歳バースデーが特に盛大で、ホテルなどの会場を貸し切り、親戚や友達を集めて盛大に行われることが多いそうです。
トルチャンチでは「トルサン」と呼ばれる、季節の新鮮な果物と、さまざまな種類の餅を並べた祝い膳を用意しますが、最近は西洋料理やケーキなども用意されるようです。

トルジャンチでは、「トルジャビ」という占いがあり、子どもの前にモノや道具を置き、子どもが何を手にするかで、将来を占います。
米や刀、本、筆、弓などを置くのが伝統的ですが、最近ではマウスやボールなども置くようです。
米はお金持ち、刀は料理人、筆は能書家、マウスはプログラマー、ボールはスポーツ選手というように、つかんだものによって子どもの将来の職業を占うそうです。


■中国
百日宴
ypnybaw4vsfdcko7asez-a5ccd6aa.jpg
中国では、生後100日を迎えた赤ちゃんを「百歳」といいます、100歳まで生きられますようにという意味を込めて「百歳」というそうです。
友人や親族を誘ってお披露目会を行うことが多く、ホテルやレストランなどで、かなり豪華に行うようです。

この日に両親が赤ちゃんに人生で初めての剃髪(ていはつ)を行うことも多く、剃った頭髪で「胎毛筆」と呼ばれる筆を作る風習があります。
頭脳明晰・達筆祈願のお守り、一生涯の記念として大切に保管する風習があります。


■カトリックの国々
ファースト・コミュニオン(コムニア)
utv3hzieuhshi9bctugw-9efd3b93.jpg
国によって違いはあるようですが、7歳から10歳くらいで行うようです。
カトリックでは子供が生まれたときに行う洗礼の次に重要な儀式で、本人自らの意思でカトリック信者になる事を宣言する大切なものです。
このセレモニーを経験することで、キリストの血と肉の象徴である、ワインとパンを口にすることができます。
男の子はスーツに蝶ネクタイ、女の子は白いウェディングドレスのようなワンピースに髪飾りで儀式に臨みます。

教会での儀式の後に、ホテルなどでお祝いをすることが多く、スペインでは100名くらい呼ぶこともあるそうです。


以上、世界の七五三事情について調べてみました。
フォトッチでは七五三撮影の可能なスタジオがたくさんあります。
「詳細条件」検索で、ご希望のスタジオが見つかります、
トラディショナルな写真を撮るスタジオをお探しなら「雰囲気」を「フォーマル」
自然な表情の写真をなら「雰囲気」を「ナチュラル」で検索
他にも「衣装外出可」「着替え無制限」など「こだわり」検索も可能です。

あなたに合ったスタジオを見つけてください。
スタジオ検索
 

みんなからのコメント

コメント不可

カレンダー

2024/5
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

カテゴリー

タグ

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です